ユーロズロチ

ユーロズロチ(EURPLN)は買いトレードでも利益が取れます!

こんにちは!こんばんは!みみかきです。

ユーロ/ズロチの一般的な戦略はスワップをもらうため、売りから入りますが、逆に下がった時に上昇を狙って買いから入った場合でも良いのか検証してみました。

結論

統計的には十分利益が取れる

ただし、マイナススワップが気になる方はおすすめしません。

この運用方法はスワップを支払いながら運用するため、初心者向きではありません。

支払いスワップが少ないFX会社を探す

検証する前に、ユーロ/ズロチの取扱があるFX業者から買いの支払いスワップを確認します。

「支払いスワップ > 受取スワップ」のFX会社が多いので、支払いスワップが大きすぎれば、そもそも買いで入ってもあまり意味がありません。

ユーロ/ズロチの取扱があるFX会社は「サクソバンク証券」「IG証券」「ヒロセ通商」

買いスワップ サクソバンク証券 IG証券 ヒロセ通商
¥-103 ¥-85 ¥-280
¥-99 ¥-82 ¥-280
¥-105 ¥-88 ¥-840
¥-296 ¥-235 ¥-280
¥-98 ¥-85 ¥-280
1日平均 ¥-100 ¥-82 ¥-280
年間 ¥-36,566 ¥-29,908 ¥-102,200
1ヶ月あたり ¥-3,047 ¥-2,492 ¥-8,517
スプレッド ¥-800 ¥-1,260 口座未開設不明

支払いスワップが一番少ない「IG証券」を使ったとして、1ヶ月で「約0.01ズロチ(2,800円)の為替変動+スプレッド0.0045ズロチ(1,260円)=約4,000円」以上で利確しないとスワップ+スプレッド負けしてしまいます。

そのため、最低でも変動幅0.03ズロチ(約8,400円)は欲しいところです。

では、過去のチャートを見て投資に値するか検証してみます。

買いでも利益が取れるか?

ここがとても重要です。

注文ルールは以下の通りです。

新規注文は「4.28」以下とし、0.03下がる毎にナンピンしていきます。

決済注文は0.03上昇すれば、すぐに決済します。(スワップは払い続けたくないですから)

ループイフダンB30みたいな感じですね。

さて、年毎にチャートから集計して統計的に収益を出してみました。

3.98 4.01 4.04 4.07 4.10 4.13 4.16 4.19 4.22 4.25 4.28 利益 スワップ 合計
2018 0 0 0 0 0 0 4 2 1 2 7 ¥134,400 ¥-24,353 ¥110,048
2017 0 0 0 0 0 0 0 1 4 1 3 ¥75,600 ¥-38,505 ¥37,095
2016 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 5 ¥58,800 ¥-7,523 ¥51,278
2015 1 2 3 2 2 4 4 4 5 3 3 ¥277,200 ¥-131,580 ¥145,620
2014 0 0 0 0 1 2 5 7 2 1 1 ¥159,600 ¥-64,005 ¥95,595
合計 1 2 3 2 3 6 13 14 12 9 19 ¥705,600 ¥-265,965 ¥439,635

※取引量10,000通貨にて計算。
※表内の数字はそのレートで決済した回数です。
※スワップは概算です。1日50円支払い計算。

いずれの年もすべてプラス収益という結果になりました。

ずっと下値付近でウロウロしていたら利益が出ませんが、1年以内には4.30付近には戻ってくるため、利益が出てくれたのだと思います。

年毎のチャートと表を記載しています。(+ボタンをクリックすると見れます。)

2018年の結果
4.10 4.13 4.16 4.19 4.22 4.25 4.28 利益 スワップ 合計
2018 0 0 4 2 1 2 7 ¥134,400 ¥-24,353 ¥110,048
2017年の結果
4.13 4.16 4.19 4.22 4.25 4.28 利益 スワップ 合計
2017 0 0 1 4 1 3 ¥75,600 ¥-38,505 ¥37,095
2016年の結果
4.13 4.16 4.19 4.22 4.25 4.28 利益 スワップ 合計
2016 0 0 0 0 2 5 ¥58,800 ¥-7,523 ¥51,278
2015年の結果
3.98 4.01 4.04 4.07 4.10 4.13 4.16 4.19 4.22 4.25 4.28 利益 スワップ 合計
2015 1 2 3 2 2 4 4 4 5 3 3 ¥277,200 ¥-131,580 ¥145,620
2014年の結果
4.10 4.13 4.16 4.19 4.22 4.25 4.28 利益 スワップ 合計
2014 1 2 5 7 2 1 1 ¥159,600 ¥-64,005 ¥95,595

ポジションあたりの投資金額を考える。

ユーロ/ズロチの売りと考え方は変わりません。

「必要資金=必要証拠金+含み損」

まず必要証拠金は

「4.28ズロチ×28円×10,000通貨÷25倍=47,936円」

次に含み損を計算します。

去のチャートから約3.96まで下落しているため、4.28から3.96まで下落した場合で含み損を計算したいところですが、3.96付近まで下がった時には4.00まで近いので含み損は小さくなるため、資金効率を上げたいため、平均で算出します。

ポジションのレートは「4.28~3.98を0.03毎の計11ポジション」の平均約定レートは

「4.13」

そのため、4.28→4.13まで下落した時の含み損を計算します。

「(4.28-4.13)ズロチ×28円×10,000通貨=42,000円」

必要資金は「47,936円+42,000円=89,936円」

1ポジションあたりの必要資金は「100,000円」とします。

ユーロ/ズロチ売りの必要資金と同額という結果になりました。

まとめ

おさらいになりますが、買いでも統計的には十分に利益が出せることがわかりました。

しかし、マイナスを抱える期間とスワップがじわじわと効いてくるので精神的に辛いようであれば、この投資法はおすすめしません。

再度上昇した際に、売りから入ることをおすすめします。