スワップ投資

【年利10%以上!低リスク】ユーロズロチ(EURPLN)スワップサヤ取りを解説します。

こんにちは!こんばんは!みみかきです。

ローリスクハイリターンな投資があったら、投資しますか?

投資のリスクとリターンは比例していて、

リスクが高ければリターンも高くリスクが低ければリターンも低いことが一般的です。

今回紹介するFX取引のユーロズロチのスワップ投資はリスクが低いのにリターンが高い投資です。

しかも、投資方法も確立されていて、やり方もかんたんです。

ユーロズロチのスワップサヤ取りはどうやるの?

かんたん5ステップ!

1.「みんなのFX」で口座開設をする。

2.ユーロズロチのチャートを見て4.30以上であるか確認する

3.資金を15〜20万円を入金する。

4.ユーロ/円を1万通貨売り。

5.ズロチ/円を4.3万通貨買い。

以上!

あとはスワップをひたすら貰い続けるだけ。

かんたんですよね。

これから詳しく解説します。

なぜユーロズロチなのか?

理由は2つあります。

通貨単位であるユーロ円とズロチ円は非常に似た値動きをしてる。

ズロチのスワップが高く、ユーロのスワップが低い

ユーロ円とズロチ円はほぼ同じ値動きをすること

通常スワップサヤ取りは同じ通貨で行いますが、ユーロ円とズロチ円は異なる通貨でもとても似た値動きをします。


似た値動きをすることを「相関性が高い」といいます。

相関とは?

二つ以上の事物の、一方が変われば他方もそれに連れて変わるとか、あるものの影響を受けてかかわり合っているとかいうように、互いに関係を持つこと。

相関を数字に置き換えると「-1〜0〜+1」で表現できます。

相関性

-1:双方が全くの値動きをする

0:双方の関係性は全くない

+1:双方が全く同じ値動きをする

ユーロ円とズロチ円は+1に限りなく近い「0.96」です。

ほとんど同じ値動きをすることが、チャートと相関性で確認できました。

ズロチのスワップが高く、ユーロのスワップが低い

同じ通貨のサヤ取りでは、2つの証券会社の異なるスワップ差を利用して利益を出す方法です。

ユーロズロチでは、ズロチのスワップが高く、ユーロのスワップが低いことで、スワップ差生まれ利益を出すことができます。

スワップは国の政策金利で決まります。

ユーロの政策金利:0.00%

ズロチの政策金利:1.50%

→ 政策金利差:1.50%

この差がスワップサヤ取りの利益を決めます。

あとは証券会社の頑張りです!

ユーロズロチ投資のやり方

この章でわかること。

ユーロズロチ投資の開始時がわかる

買い方がわかる

ユーロズロチが4.30以上ならエントリータイミング

理由は過去のチャート傾向から売り時だからです。

ユーロ円とズロチ円のサヤ取りはユーロズロチを直接取引した場合の売りと同じなので、ユーロズロチのチャートを見て確認します。

リーマンショック以降のチャートですが、3.8〜4.6の間を推移しており、中間より高めである4.3を基準としました。

また後述しますが、運用資金管理との兼ね合いもあり、4.3にしています。

ユーロ円を1万通貨売り、ズロチ円を4.3万通貨買い

売りと買いの通貨量を分ける理由

異なる通貨価値を同じ通貨価値に合わせる必要があるためです。

現在のレートを見てみましょう。

ユーロ円とズロチ円の価格

ユーロ円:121.829円

ズロチ円:28.585円

ユーロ/ズロチ=121.829円÷28.585円=4.26

ユーロの通貨価値はズロチの4.26倍あります。

この差を埋めるため、ズロチを多く買う必要があります。

ズロチ円を4.3万通貨にする理由はエントリータイミングと同じくユーロ/ズロチのチャートを見たときに真ん中が4.30だからです。

ユーロ円を1万通貨売り、ズロチ円を4.3万通貨買いをすれば、ほぼ同じ通貨価値(ほぼ同一通貨)とみて、スワップサヤ取りができます。

ここまでのまとめ

エントリーのタイミングはユーロズロチのチャートを見て4.30以上

ユーロ円を1万通貨売り、ズロチ円を4.3万通貨買い

同じ口座で取引可能!

ユーロズロチのスワップサヤ取りは同一の証券口座で取引が可能です。

同一通貨のスワップサヤ取りでは証券会社を2つに分けて取引する必要がありますが、ユーロズロチのスワップサヤ取りはユーロ円とズロチ円の取り扱いさえあれば、同一通過での取引が可能です。

同じ口座で取引できるメリット

資金移動の必要がない!

資金管理がしやすい!

フラッシュクラッシュも関係ない!

資金移動の必要がない!

同一通貨のスワップサヤ取り

マイナススワップ側の口座ではマイナススワップが積み重なるため、適時プラススワップ側の口座から資金を移してあげないと証拠金不足でロスカットされてしまう。

ユーロズロチのスワップサヤ取り

同じ口座なので資金移動が必要ない!

資金管理がしやすい!

同一通貨のスワップサヤ取り

2つの口座の管理しなければならず面倒

ユーロズロチのスワップサヤ取り

同じ口座なので特になし!

全く同じ値動きではないため、為替変動の影響を受けるため維持率はたまに見ておく必要がある。

フラッシュクラッシュも関係ない!

同一通貨のスワップサヤ取り

急な為替変動時には片方の口座だけロスカットされてしまい、大きな損失をかけてしまう可能性がある。

ユーロズロチのスワップサヤ取り

実績ですが、2018年1月3日のフラッシュクラッシュは全く影響を受けませんでした。

運用資金管理

ユーロズロチのスワップで注意してもらいたいことがあります。

完全一致した値動きではないため、為替変動の影響を受ける。

そのため、資金管理をしっかりと行う必要があります。

これから記載する内容を知っておけば怖くありませんのでご安心ください。

運用するために資金が必要です。

計算式はこちら

運用資金 > 必要証拠金 + 余裕資金

必要証拠金:FX取引するために必要な資金

余裕資金:為替変動による含み損を考慮した資金

本章で重要なのは「余裕資金」です。

まず、必要証拠金を確認します。

みんなのFXには「証拠金シミュレーション」という便利なページあります。

実際にやってみました。

ユーロ円の場合

ズロチ円の場合

※⑤「100000」の入力は適当で良いですが、必要証拠金を下回る数字を入力すると計算できませんのでご注意ください、

  • ユーロ円の必要証拠金:48,804円
  • ズロチ円の必要証拠金:49,164円

合計「97,968円」は取引で必ず必要な資金がわかりました。

余裕資金を考える

エントリーするタイミングは「ユーロズロチ:4.30」と言いました。

余裕資金を考える基準は過去のチャートを見て考えます。

サヤ取り運用はユーロズロチを直接取引した場合の「売り」と同じなので、ユーロズロチが上昇すると含み損が増えていきます。

上昇許容レートはリスクに応じて2種類

4.50まで許容:リスク高/高利回り

4.60まで許容:リスク低/中利回り

4.50の含み損を計算

含み損の計算式は以下の通りです。

(エントリーレートー上昇許容レート)×ズロチ円×1万通貨

式に当てはめます。(ズロチ円=28円とします。)

(4.30ー4.50)×28円×1万通貨=−56,000円

4.60の含み損を計算

同様に式に当てはめます。(ズロチ円=28円とします。)

(4.30ー4.60)×28円×1万通貨=−84,000円

 

これらの結果からそれぞれの必要資金を求めると…

許容上昇レート4.50

必要資金=97,968円+56,000円=153,968円

 約15万円

許容上昇レート4.60

必要資金=97,968円+84,000円=181,968円

 約18万円

求めた結果の1万円未満の桁を切り捨てている理由は

「スワップが貯まって資金が増えるから」です。

口座開設するならコレ!「みんなのFX」「LIGHT FX」が高スワップ!

毎週ユーロズロチのスワップを各社比較をしています。

スワップの高さが利回りに直結するため、スワップが高い証券会社を選ぶことが必須になってきます。

みんなのFX・LIGHT FXのスワップ提供は業界最高水準です!

\みんなのFXでユーロズロチを始める/
トレイダーズ証券[みんなのFX]

\LIGHT FXでユーロズロチを始める/
レイダーズ証券【LIGHT FX】

【年利10%】利回りを計算する

みんなのFXのスワップから利回りを計算します。

ユーロ円(売りスワップ):6円

ズロチ円(買いスワップ):10円

1日スワップ:6円+10円×4.3=49円

1年スワップ:49円×365日=17,885円

必要資金15万円の場合:17,885円÷150,000円=11.9%

必要資金18万円の場合:17,885円÷180,000円=9.9%

安全設定でも利回り約10%と驚異的な利回りです!

FX取引はもうユーロズロチだけで良いかもしれない。

注文方法を画像付で解説

スマホアプリ「みんなのFX」の画面で解説します。

ユーロ円の注文画面

 

ズロチ円の注文画面

「買い」と「売り」だけは絶対に間違わないようにしましょう。

以上、ユーロズロチのスワップサヤ取りでした。