新規公開株(IPO)

IPO(新規公開株)の抽選申込方法(野村證券編)

こんにちは!こんばんは!みみかきです。

新規公開株の買い方を画像と合わせて紹介します。

今回は「野村證券」です。

【野村證券】IPO投資の特徴

入金制度:前金不要(抽選時に資金が不要)

「当せん」または「補欠当せん」の場合は、購入申込の前に、あらかじめ購入代金を入金します。

これはうれしいシステムですね!

IPOは前金制度を採用していることがほとんどなので、IPO申込が多い時には、資金のやり取り(入出金)にとても苦労するため、当選した時だけで良いのはホント助かります。

抽選方法:割当数量は10%以上、完全抽選

抽選に付する数量は、当社の販売数量のうち、個人のお客様への販売を予定している数量の10%以上とし、オンラインサービスでの抽選参加者を対象として当せん者を決定いたします。また、抽選への申込み数量が予定数量より少ない場合には、「IPOの抽選参加サービス」の抽選に付す割合を減少させ、または抽選をとりやめる場合があります。

また、完全抽選を採用しているため、どんな方でも平等に抽選が行われます。

申込枚数:最小単元のみ

当せん者(繰り上げ当せん者を含む)には原則として、目論見書に記載された最低申込株数を購入いただきます。ただし、最低申込株数の取得代金見込額(目論見書に記載された「想定発行(売出)価格」(幅をもって記されている場合は中間値)を基準とします。以下同じ。)が10万円未満となる場合は、取得代金見込額が10万円以上となる最小の申込み株数を購入数量といたします。

ほとんどが100株の申込となります。100株でも合計金額が10万円未満となった場合は200、300株と購入金額が10万円以上になるように調整が入ります。

手数料:購入時および売却時は有料

購入時に無料となることはうたわれていないため、購入時も手数料がかかります。

野村證券でもオンラインサービスでの取引なら結構安いです。

野村證券の抽選申込手順

まず、IPO一覧画面まで進みます。

ログイン後、トップページ→「取引」→「IPO/PO」をクリックします。

銘柄一覧から、抽選申込可能な銘柄は以下のようなボタンが出てきます。

3点の事柄を確認して、チェックしてから同意しましょう。

目論見書を確認して、同意します。

抽選申込株数は最小単位です。「確認する」をクリックします。

仮条件(単価)は自動的に最も高い価格で申し込みがされます。

取引パスワードを入力して、抽選申込をしてください。

これで申込が完了です。

淡々と進めば申し込みが完了するので、「成行」など注意する点はなさそうです。

当落の確認は、銘柄一覧の抽選結果に「当選」または「落選」が、表示されます。

以上、野村証券の抽選申込方法でした。