証券会社

メキシコペソのスワップ運用はセントラル短資FX!メリットとデメリットを紹介

みみかき
みみかき

こんにちは!こんばんは!みみかきです。

スワップ運用と言ったらメキシコペソ!

メキシコペソと言ったらセントラル短資FXです。

セントラル短資FXのメリットとデメリットを紹介します。

セントラル短資FXとは?

メキシコペソにめちゃめちゃ気合を入れているFX会社です。

セントラル短資FXのHPでは、トップでメキシコペソを紹介しています。

それだけメキシコペソが大好きだということですね。

大手FX会社は米ドル/円やユーロ/円などメジャーな通貨を押していることが多いですが、セントラル短資FXは他のFX会社とは、違う方面で勝負している印象です。

セントラル短資FXのメリット

メリット1:メキシコペソの狭いスプレッドと高いスワップポイント

ズバリ!狭いスプレッドと高いスワップポイントです。

いずれも業界第1位です。

スプレッドは0.3銭はとても頑張っていると思います。

10/21追記:キャンペーン期間中(2019年10月3日(木)~12月20日(金)営業終了まで)のスプレッドは0.2銭です。

スワップポイントは8/15深夜のメキシコ中銀による政策金利は8.25%から8.00%と0.25%利下げが行われ、スワップの減少が懸念されましたが、8/28現在では14円をキープしています。

高スワップポイントで定評のある「みんなのFX」「ヒロセ通商」と比較してみました。

2019年8月1日~8月31日(1万通貨あたり)

みんなのFX:平均11円/日:スワップカレンダー

ヒロセ通商(LIONFX):平均12.1円/日:スワップカレンダー

セントラル短資FX:平均14円/日:スワップカレンダー

メリット2:セントラル短資FX クラブオフ

メキシコペソ運用と全く関係はないですが…

セントラル短資FXは「口座開設するだけで」クラブオフという国内宿泊、海外宿泊、レジャー、スポーツ、ショッピング、育児・介護サービスが優待価格で利用できる制度があります。

証券会社で優待サービスが受けれるって珍しいですよね。

クラブオフには2つの会員ランク「スタンダード会員」「VIP会員」があります。

VIP会員のメリットを紹介

月額500円で「スタンダード会員」料金よりさらにディスカウントしたVIP会員限定特別割引料金で利用できます。

VIP会員メリット1:利用料金が安い

利用例を見ると、スタンダード会員より宿泊代金が1,000円安いようです。

1回利用するだけで月額500円は十分にペイ出来てしまいますね。

旅行や出張で良く宿泊する方はいいですね。

VIP会員メリット2:豊富な情報提供

ガイドブック、会報誌、VIP会員限定情報しています。

VIP会員メリット3:VIP会員専用のスペシャルプランが利用できる

高級ホテルに500円で宿泊できるなど超破格なプランの利用ができます。

VIP会員メリット4:クラブオフ ポイントプログラム

クラブオフを利用すればするほど、ポイントが貯まります。

宿泊で500ポイントや感想の書き込みでもポイントが貯まります。

ポイントは10,000ポイント毎にカタログギフト12,800円相当に交換ができます。

それ以外は何も交換はできません。

以前は現金交換やnanacoなどに交換出来たようです。

セントラル短資FXのデメリット

デメリット1:スワップは課税対象=毎年確定申告が必要

セントラル短資FXで発生したスワップポイントは常に口座資産に反映されています。

よくある質問
Q.スワップポイントはいつ取引口座に反映されますか。
A.保有している建玉をロールオーバーした取引日の夕刻(通常17時から18時頃)に「口座資産」に反映されます。

Q.建玉を決済していなくても、受取ったスワップポイントについて確定申告する必要はありますか。
A.当社の場合、受払いが行われたスワップポイントは、日々お客様の現金残高に反映されるため、未決済の建玉に対するスワップポイントについても確定申告の対象となります。

すなわち利益確定分となるため、受取スワップは確定申告対象です。

そのため、複利運用する場合には税金が引かれるため、効率が悪くなります。

ちなみに、みんなのFXではスワップ受取ボタンで決済するまでは口座残高に反映されないため、決済した年だけに確定申告の対象となります。

デメリット2:メキシコペソ以外の高金利通貨のスワップは低い

高スワップポイントで定評のある「みんなのFX」「ヒロセ通商」と比較してみました。

例1:トルコリラ

2019年8月1日~8月31日(1万通貨あたり)

みんなのFX:平均79円/日:スワップカレンダー

ヒロセ通商(LIONFX):平均75.2円/日:スワップカレンダー

セントラル短資FX:平均53.9円/日:スワップカレンダー

例2:南アフリカランド

2019年8月1日~8月31日(1万通貨あたり)

みんなのFX:平均11.6円/日:スワップカレンダー

ヒロセ通商(LIONFX):平均14.5円/日:スワップカレンダー

セントラル短資FX:平均7.2円/日:スワップカレンダー

最後にキャンペーン情報の紹介です。

夏の大感謝祭!上限なしキャッシュバックキャンペーン

キャンペーン期間中、以下の条件を満たされた対象のお客さまに、新規取引1万通貨ごとに最大6円キャッシュバック(上限なし)します。

実施期間:2019年9月2日(月)~ 9月30日(月)営業終了まで

条件

当キャンペーンへの参加申込み
・キャンペーン期間中に「FXダイレクトプラス」で50万通貨以上の新規約定取引

全通貨ペアの新規取引量の合計 グループAのキャッシュバック額 グループBのキャッシュバック額
50万通貨以上~500万通貨未満 新規取引1万通貨ごとに 2円 新規取引1万通貨ごとに 4円
500万通貨以上 新規取引1万通貨ごとに 3円 新規取引1万通貨ごとに 6円

例1:メキシコペソを100万通貨取引した場合
100×2円=200円をキャッシュバック!

例2:メキシコペソを600万通貨取引した場合
600×3円=1800円をキャッシュバック!

スワップ運用にはあまり適さないキャンペーンですが、手動トラリピなんかするといいかも。

\セントラル短資FXはメキシコペソ/