スワップ投資

スワップ投資はメキシコペソをおすすめする4つの理由

こんにちは!こんばんは!みみかきです。

今回はスワップ投資になぜメキシコペソがおすすめできるのか理由を解説したいと思います。

メキシコペソは当ブログでも運用実績が高く、スワップ投資家の中で人気のある通貨として注目を集めています。

1.スワップが高い

まず、スワップとは

通貨ペアの政策金利差から発生する利息

今回紹介する通貨ペア「メキシコペソと円」の政策金利差を見てみましょう。

メキシコと日本の政策金利差

メキシコの政策金利:「7.50%

日本の政策金利:「0.1%

→ その差は「7.4%

この差が大きければ大きいほどスワップは高くなります。

他に高金利通貨として有名な「トルコリラ」「南アフリカランド」と比べてみましょう。

高金利通貨の政策金利を比較

トルコの政策金利:「11.25%

南アフリカの政策金利:「6.25%

メキシコの政策金利:「7.50%

メキシコの政策金利は2番目に高い数値となっています。

実際にスワップをFXプライムbyGMO(スワップカレンダー)で確認してみましょう。

スワップポイント比較

トルコリラ:25円

南アフリカランド:15円

メキシコペソ:15円

FXプライムbyGMOでは2番目でした。

政策金利の差だけではなく、証券会社によってスワップは異なります。

一番高いスワップを提供する証券会社を選びましょう。

2.少ない資金から始められるため運用効率が良い

メキシコペソは少ない資金から投資ができるため、効率よく運用することができます。

メキシコペソの価格は現在「5.8円」です。

安ければ安いほど少ない資金から投資することができます。

通貨価格比較

トルコリラ:19円

南アフリカランド:7.6円

メキシコペソ:5.8円

高金利通貨の中では最も安いのがメキシコペソです。

投資するあたり必ず必要な資金「必要証拠金」があります。

ここで言いたいことは

スワップは高金利通貨の中で2番目でしたが、必要証拠金は1番少ないため

運用効率が最も高いのは、メキシコペソだと言うことです。

スワップ1円あたりに必要な必要証拠金を比較してみました。

スワップ1円あたりの必要証拠金比較

トルコリラ:304円(必要証拠金7,600円÷スワップ25円)

南アフリカランド:203円(必要証拠金3,040円÷スワップ15円)

メキシコペソ:155円(必要証拠金2,320円÷スワップ15円)

スワップ1円あたりに必要な資金が最も少ないので、高金利通貨の中でスワップ投資で最も効率よく運用できるのは「メキシコペソ」だと言うことが分かります。

効率よくスワップ投資をするためには「複利運用」がおすすめです。

雪だるま式に利益がどんどん膨らみます。

【68日目】メキシコペソ円の積立投資&スワップ再投資(複利運用)こんにちは!こんばんは!みみかきです。 メキシコペソは高金利なのに安定感がある通貨として人気があります。 ただ高値付近だと買...

3.為替変動が小さく安定した通貨

投資では為替変動による為替差損がリスクとして考えられますが、メキシコペソは為替変動が最も小さく安定した通貨と言えます。

超理想なスワップ投資は為替変動が全くない通貨が良いです。

為替変動が無い=為替差損リスクが無い

スワップだけ延々と貰い続けるという投資が理想です。

もちろんそんなことはあり得ませんが、メキシコペソは為替変動が小さいのです。

高金利通貨の過去のチャートから為替変動がどのくらいあったのか見てみます。

為替変動比較(過去3年間:2017年〜2019年)

トルコリラ円

南アフリカランド円

メキシコペソ円

最も変動幅が少ないのは「メキシコペソ」でした。

さらに3年間で言えば、1.6円の振れ幅しかありません。

1万通貨運用していた場合、含み損は最大16,000円と非常に小さいです。

4.信頼の高い通貨

それぞれの国には第三者機関が評価を行っています。

評価の意味として、金利を受け取るスワップ投資では国の信用度を知る上で参考として見て欲しいです。

その通貨に投資しても良いのか?悪いのか?という基準を客観的に見ることができます。

アメリカの三大格付け会社

スタンダード&プアーズ(S&P)

フィッチ・レーティングス

ムーディーズ

今回は「スタンダード&プアーズ(S&P)」を見てみます。

まず評価の見方ですが、評価は「AAA〜D」までランク付されてされています。

評価の基準

BBB以上:投資適格

BB以下:投資不適格

メキシコに対する評価は「BBB+(投資適格)」の通貨となっています。

「トルコ」「南アフリカ」「日本」「アメリカ」を比較してみました。

評価比較

トルコ:B+(投資不適格)

南アフリカ:BB(投資不適格)

日本:A+(投資適格)

アメリカ:AA+(投資適格)

メキシコ:BBB+(投資適格)

一般的に評価の高低は…

評価が高い:「信用リスクは低く、利回りも低い」

評価が低い:「信用リスクは高く、利回りも高い」

メキシコペソは評価はやや高いので信用リスクが低めですが、利回りが高い通貨となっておりバフォーマンスに優れた通貨と言えます。

スワップが高い証券会社を紹介

スワップが一番高い証券会社はFXプライムbyGMOです。

FXプライムbyGMO

FXプライムbyGMO[トルコリラ]
【データ】

スワップ:15円(相場10〜15円)

スプレッド:1.9銭/1万通貨あたり190円(相場0.2円)
→スプレッドは若干高めですが、スワップを重視した方が良いです。

【特徴】

未決済ポジションに付与されたスワップは「課税対象にはならない」

未決済ポジションに付与されたスワップは「証拠金に反映される」
→スワップ複利可能(重要)

まとめ

メキシコペソはスワップ投資に適していることを解説してきたことをまとめます。

政策金利が高い=スワップが高い

スワップに対して少ない資金で運用できるため効率が高い

為替変動が安定していて、信用度も高い

スワップが高いFXプライムbyGMOがおすすめ

スワップ投資するならメキシコペソをおすすめします。