嫁の挑戦状

【嫁の挑戦状】日経平均トレード記録【ノックアウトオプション】

こんにちは!こんばんは!みみかきです。

嫁の挑戦を受けて、1ヶ月間でどちらが多く利益を出せるのか勝負することになりました。

IG証券のノックアウトオプションを使い、日経トレードをしましたが…

わずか5日という短い時間で勝負は終わってしまいました。

相場にノックアウトされてしまいました。

経緯とかはこちらの記事

【終了・嫁の挑戦状】資金10万円投資対決!【ノックアウトオプション】こんにちは!こんばんは!みみかきです。 とある日、突然嫁さんからこんなこと言われました。 みみかきの投資デー...

自分の記録として残しておきたいと思い、記事にしてみました。

私のトレード手法

概要は以下の通りです。

証券会社:IG証券

取引種類:ノックアウトオプション

銘柄:日経平均

具体的にどのように行ってきたか?

1〜2日目

毎朝1枚仕込み、お昼頃の結果を待つ

日経平均は午前中に相場が動きやすいことは知っていた為

今日は「上がりやすいのか?上がりにくいのか?」をニュースや経済情報を調べて、会社の始業前に仕込む作戦です。

見ていた情報は、日経新聞や証券会社のメルマガなどです。

実は以前試しにやってみたところ、うまく利益が取れていたので、採用してみました。

1日目の予想

日経の上値は24,000円を超えていて上値は重かったものの、売りの材料も無い状況だと思っていたため、急な上昇は無いもののじわじわと上がると予想していました。

そのため1枚買い仕込み、小さく利確しようかと考えていました。

しかし、中国の新型コロナウイルス報道がネガティブ材料となり、価格が下落。

勉強不足でした。

2日目も同様に予想して、朝方に買いで仕込みましたが上昇しませんでした。

3日目からは手法を変えようと思いましたが、ノックアウトレベルを低くし過ぎていたため証拠金を縛られて、次に行けなかったため、一部損切りしました。

3〜5日目

5分足チャートを見ながらの「デイトレ」

これが一気に失う原因でした。

以前ちょっとだけかじった経験があったため、久々にやってみたかったのもあり、やってみました。

具体的な手法

エントリータイミング:逆張り

時間軸:5分足チャート

テクニカル指標:RSI、ボリンジャーバンド、平均移動線

基本的にはRSIを見て取引していました。

30以下になったら売られ過ぎなので「買い」

70以上になったら買われ過ぎなので「売り」

ボリンジャーバンドの張り付き具合を見ながら投資していました。

また、移動平均線も抵抗線として活用していました。

RSIの反発を狙って、下落したら買い!上昇したら売る!を繰り返す単純な手法です。

原因はここで、確かにRSIが30以下になれば反発しやすいですが、反発具合がまちまちでした。

反発が弱いと、含み損を抱えたままさらに下落して含み損が増えて損切り。

そう、利益は小さく、損失が大きい。

コツコツドカン(小さく稼いで、大きく負ける)でした。

これに気付きながらも、3〜5日目まで実行して、エントリーできない資金になったため、終了しました。

反省点と収穫点

反省点をまとめてみました。

情報を鵜呑みにし過ぎた

ルールを守っていない時もあった

損切りのタイミングがわかっていない=損切りし過ぎ

情報が堅調だとか、上値が重いとかあれば、その予想をもって自分でも納得してエントリーしていましたが、少し鵜呑みにし過ぎたと思っています。

ルールを守らず、エントリーしたい気持ちが先行してしまったのも反省です。

損切りし過ぎたのも反省点です。

さらに損が膨らむと考えると損切りするかノックアウトレベルまで耐えるか迷いましたが、損切りしてしまいました。

まだ損切りについて勉強が足りなかったと反省しています。

今後の方針

デイトレは難しかったので、スイングトレードに切り替えようかと思っています。

日足や4時間足チャートを使って。もちろん少額から。

テクニカル指標のRSIはわかりやすいので、使っていこうかと思っていますが

もう少し勉強をしてから開始しようかと思います。