CFD

【楽天証券】CFD取引の特徴を紹介します!MT4が使えて自動売買ができる!

こんにちは!こんばんは!みみかきです。@mimikaki256

楽天証券でCFD取引ができるのはご存知でしょうか。

楽天CFDでは他とは1つ大きな違い、それは…

MT4が使えること!

つまり、CFDで自動売買ができる面白い特徴がありますので、紹介していきます。

そもそもCFDとは?

CFDとは「Contract for Difference」の頭文字を取った略称です。

日本語では「差金決済取引」といい、FXと同じ仲間です。

株や商品を取引するわけではなく、損益のみ受け渡しを行う取引方法です。

 

CFDでは日経225やNYダウ、NASDAQなどの株価指数や金などの商品を取引することができます。

特徴

  • 祝日でも取引ができる。
  • レバレッジを最大20倍まで掛けられる。
  • 日本円で取引できる。

CFDでは土日を除く祝日も取引することができます。

また、FXと同様にレバレッジをかけることができます。

株価指数:10倍

商品:20倍

レバレッジを掛けるで資金効率の良い取引が可能になります。

 

NYダウやナスダック、金などすべての銘柄を日本円で取引することができますが、為替の影響を受けるので注意が必要です。

 

楽天CFDの特徴

楽天CFDの特徴を紹介します。

  • 取引手数料:無料
  • 取引銘柄:10銘柄
    (株価指数:7銘柄/商品:3銘柄)
  • MT4(MetaTrader4)が使える。

特に、MT4が使えるのは他の証券会社とは違うところですね。

◎取引銘柄

株価指数:7銘柄

  1. 日本225
  2. 米国30
  3. 米国500
  4. 米国NAS100
  5. イギリス100
  6. ドイツ30
  7. ユーロ50

商品:3銘柄
※商品は2021年5月頃リリース予定

  1. 原油

良く取引される主要銘柄に絞っているようですね。

◎取引単位・スプレッド

GMOクリック証券と比較してみました。(2021年2月22日時点)

>>スプレッド

スプレッドは相場の急変等で変化しますので参考程度としてください。

また、FXと異なり原則固定ではありません。

銘柄 楽天CFD GMOクリック証券
日本225 10 11
米国30 5.54 5
米国500 0.5 0.6
米国NAS100 2.25 0.8
イギリス100 1.5 4.5
ドイツ30 8.4 3.8
ユーロ50 1.7 2

スプレッドが狭いと言われているGMOクリック証券と差はほぼありません。

良心的なスプレッドだと判断しています。

>>取引単位

銘柄 楽天CFD GMOクリック証券
日本225 1Lot(株価指数×10倍) 1Lot(株価指数×10倍)
米国30 0.1Lot(株価指数×1倍) 0.1Lot(株価指数×1倍)
米国500 1Lot(株価指数×1倍) 1Lot(株価指数×1倍)
米国NAS100 1Lot(株価指数×1倍) 1Lot(株価指数×1倍)
イギリス100 0.1Lot(株価指数×1倍) 0.1Lot(株価指数×1倍)
ドイツ30 0.1Lot(株価指数×1倍) 0.1Lot(株価指数×1倍)
ユーロ50 0.1Lot(株価指数×1倍) 0.1Lot(株価指数×1倍)
1Lot(価格×1倍) 1Lot(価格×1倍)
1Lot(価格×10倍) 1Lot(価格×10倍)
原油 1Lot(価格×10倍) 1Lot(価格×10倍)

 

CFD表示価格の0.1倍でできるため、取引単位ではGMOクリック証券と同性能ですね。

MT4が使える!自動売買ができる!

楽天CFDで一番の特徴はMT4(MetaTrader4)が使える点です。

これは大きなアドバンテージです。

MT4とは、ロシアの MetaQuotes Software 社が開発したFXを行うためのアプリケーションツールです。

楽天証券ではCFDでも取引することができます。

MT4の魅力は高性能なチャート分析ができるところです。

バーチャート、ロウソク足、ラインチャートといった基本的なチャートに加え、移動平均、RSI、ボリンジャーバンドなど約50種類もあるテクニカル指標。を利用することができます。

最も特徴とするべきところは「Expert Advisors(EA)」という自動売買プログラムを利用して自動売買取引をすることが可能です。

EAを用いることで忙しい本業とは別にプログラムが自動で取引してくれます。

しかし、プログラム作成はテクニカル指標の知識はもちろんのこと、プログラミングも覚える必要があるのでかなり上級者向けです。

下の画像は標準搭載のサンプルプログラムですが、プログラムに全く縁のない方は難しいですね。

ただし、覚えて使いこなせるようになれれば、ご自身のトレーダーとして大きな強みになるでしょう。

このEAではネットで無料で公開されているものがあるので、探してみて試してみてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

楽天証券のCFD取引はMT4を使いこなせれば利益アップの近道かも知れません。

興味があれば試しに口座開設してみてMT4を触ってみてください。

登録費用や管理費等などの維持費は無料なので手軽に始められそうです。

 

以上、楽天CFDの紹介でした!

よければTwitterやっているのでフォローお願いします!

★ブログランキング参加中です!クリックお願いしますm(__)m

ブログランキング・にほんブログ村へ