楽天モバイル

楽天モバイル「Rakuten mini(楽天ミニ)」が届いたので開封後のレビュー

こんにちは!こんばんは!みみかきです。@mimikaki256

話題の楽天モバイル初の1円スマホ!「Rakuten mini」

楽天モバイルはメインスマホとして1台契約済みですが、さすがに1円と言うことで早速契約してみました。

楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT」の解説はこちらの記事をみてみてください。

【楽天モバイル】Rakuten UN-LIMITはスゴすぎる!契約しなきゃ絶対に損! こんにちは!こんばんは!みみかきです。@mimikaki256 楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT」を契約しま...

楽天モバイルのホームページも是非チェックしてみてください。

Rakuten mini(楽天ミニ)とは?

「世界最小、最軽量」をうたうスマホですが、その期待を裏切らないホントに小さいスマホでした。

小さいスマホの登場は昔、折りたたみ式ガラケーが主流だった時代に「premini-II(SO506iC)」を保有していたので個人的にはとても嬉しいです。

まずスペックからみてみましょう。

カラー ナイトブラック / クールホワイト / クリムゾンレッド
サイズ(高さ/幅/厚さ) 約106.2mm x 約53.4mm x 約8.6mm
重量 約79g
ディスプレイ 約3.6インチ
解像度 1,280 × 720
連続待受時間 約160時間
連続通話時間 約5.4時間
CPU Qualcomm® Snapdragon™ 439
OS Android™ 9 Pie
内蔵メモリ 3GB (RAM) / 32GB (ROM)
メインカメラ(外側) 約1,600万画素
フロントカメラ(内側) 約500万画素
バッテリー容量 約1,250mAh
ワイヤレス充電 非対応
おサイフケータイ / NFC 対応
防滴 / 防塵 対応 (IPX2 / IP5X)
生体認証 指紋:非対応 顔認証:対応
VoLTE 対応(楽天回線のみ)
Wi-Fi規格 IEEE802.11 a/b/g/n/ac
テザリング 8台

特に注目したい部分を赤字にしました。

開封レビューと感想

じゃじゃーん!

申し込みしてから1週間弱で届きました!

開封してちょっと触ってみたのでかんたんに感想を書いてみましたので、購入の参考にしてみてください。

付属品

早速開封しました!

USBTypeCケーブル、ACアダプタ(5V1A)

USBTypeCーイヤホンジャック変換コネクタ

以上です。付属品としては一般的なもので、余計なものは入っていません。

また、eSIMなのでSIM挿入口は無く、外すピンは付属されていません。

外観

ブラックを買いました!

レッドが大人気のようですが、投資をやってるのでレッドは買う気になれません。

側面は電源ボタンと音量ボリューム

右側面

右側面

上部の穴はサブマイク

下部の穴は右がスピーカ、左がマイクになっています。
最初左側から音が出ないので不良品か?と思いました。

背面には輝く楽天ロゴとカメラ

全体的に1円ですが安っぽい印象は全くありません。

小さいので持っていて可愛らしくとても楽しいです。

サイズ・重量

久々に小さいスマホを見た気がします。

クオカードと比較してみましたが、ほぼ同じサイズ。

重さについては、持っても感じないといったら嘘になりますが、それくらい軽いです。

ズボンの後ろポケットに入れるのは、無くす危険性があるのでやめた方が良いと思います。

あと、持ちにくく、滑ります。

これは小さいのでしょうがないかもしれません。

ケースに入れれば一回り大きくなるので改善されると思います。

近いうちにケースとネックストラップを購入予定です。

ディスプレイ

解像度が1280×720と若干物足りないですが、サイズが3.6インチと小さいため、全く気になりません。

ブラウザでニュースサイトを見てみました。

画面は小さいですが、解像度が粗いという印象はなく、見やすかったです。

カメラ

メインカメラは1,600万画素あるのでとてもきれいです。

カメラについてはあまり詳しくありませんが、発色もよくて普段使い全く問題ありません。

バッテリー

電池持ちは悪い印象です。

テザリングしながら記事を書いてみたところ、電池残量が1時間弱で100%から70%まで下がっていました。

朝からお出かけしても1日は持たないと思います。

筐体が小さく1,250mAhと最近のスマホの半分程度の容量なので仕方ないかも知れませんが、もう少し容量が欲しいですね。

生体認証

指紋認証はありませんが、顔認証があります。

顔認証は起動から1秒くらい間をおいて認証されます。

マスクした状態では、認証してくれませんでした。

テザリング

これが結構優秀で、楽天回線の通信速度はWimaxなどに引けを取らないほど高速なので、モバイルWifiルーターの代わりとして重宝しそうです。

テザリングの種類:Wifi/USB/Bluetooth(計3種類)

メイン画面にテザリングON/OFFできるボタンを表示させることができます。

いちいち設定画面を開かなくても設定できるのがうれしいポイント。

設定画面から表示ON/OFFできます。

設定するとこんな感じ。

周波数帯を「2.4GHz/5GHz」2種類を切り替えできる機能もポイントの1つ

一般的なスマホのテザリングは2.4GHzのみ。

5GHzは電子レンジなどの周波数帯と干渉しないため速度劣化が少なく、屋内での使用に適しています。

5GHz帯は法律で屋外での使用を禁止されています。 
5GHz 2.4GHz
メリット 干渉せず速度低下しにくい 干渉しやすく速度低下しやすい
デメリット 屋外使用禁止
障害物に弱く、遠くまで飛ばせない
屋外使用可能
障害物に強く、遠くまで飛ばせる

屋内では5GHz、屋外は2.4GHzに切り替える対応が必要です。
(個人的には忘れそうなので2.4GHz固定になると思います。)

また、同時接続台数が8台なので流行の無制限モバイルWifiルータ5台より接続できます。

操作感や動きは?

ヌルサクです!良い感じですよ。

CPUはスナドラ439とエントリー向けですが、メモリ(RAM)3GB搭載!

もっさり感は全く無く、軽快に動作しています。

総評

いかがでしたでしょうか。

開封からまだ使用して浅いですが、持っていて楽しくなる超小型スマホという印象でした。

今メイン機を持っている方でも持っておいて損はないと思います。

スマホもライトに使用する場合であれば、コスパ最高な機種です。

1円の「Rakuten mini」は6月17日まで(在庫限り)で終わりみたいなので、契約してない方はお急ぎください。

\Rakuten miniがなんと1円!しかも1年間無料!/

いろいろアクセサリーを買ってから持ち出してみたりしてみて改めてレビューしてみたいと思います。