自動売買

【FX・ETF自動売買】運用資金シミュレーションツールのダウンロード・使い方

こんにちは!こんばんは!みみかきです。@mimikaki256

FX・ETF自動売買で運用資金をシミュレーションできるツールを作成しました。

ここでは使い方を紹介します。

まずはダウンロードする。

1つのデータでFX・ETFどちらにも対応しています。

エクセルで作成しました。

 

上記ボタンを押して、「アプリで開く」→「Googleスプレッドシート」の順に押してください。

ブラウザ上では閲覧だけしかできないので、ダウンロードして使ってください!

 

シミュレーションツールの使い方

使い方はとっても簡単です。

背景緑色セルのレンジや本数、通貨量または口数を入力すると運用資金が出てきます。

トラップ間隔・本数2つ入力する場所があります。

トラップ間隔:トラップ幅の計算に使用しています。

トラップ本数:実際に仕掛ける本数

例えば、ユーロポンドで1.000~0.900のレンジに0.1間隔で仕掛けたい場合

トラップ間隔には「10」と入力してください。

0.1間隔で仕掛けると実際には11本仕掛けることになりますので、トラップ本数には11と表示されます。

小学校で習う「植木算」のことですね。

 

通貨ペアのシートにはユーロポンド、豪ドルNZドル、香港ドル円ですが、1つのシートでどんな通貨ペアでも運用資金を調べることができます。

円換算しているここの部分をほかのクロス円に変えるだけです。

例えば、ユーロドルの場合は日本円に換算するため「ドル円」のレートを入力すればOKです。

ドル円やユーロ円、豪ドル円などのクロス円で運用資金をシミュレーションしたい場合は同じ場所を「1円」にしてください。

香港ドル円のシートで他通貨にすればOKです。

みみかき
みみかき

お役に立てば幸いです。

 

以上、シミュレーションツールの使い方でした!

よければTwitterやっているのでフォローお願いします!

★ブログランキング参加中です!クリックお願いしますm(__)m

ブログランキング・にほんブログ村へ