GMOクリック証券

米国30をスイングトレードで資産形成スピードアップ!日本225でリスクヘッジも!【GMOクリック証券】

こんにちは!こんばんは!みみかきです。

スワップのインカムゲイン収益も良いけど、キャピタルゲイン収益を得た方がやっぱり資金効率は遥かに良い!

資産1億円に向けてスピードを上げたい!と思って初めてみた裁量トレード。

今まで相場が読めなくて素人が市場に参加したら負けるかな?なんて思ってインカム収益のスワップを主にやっています。

実際に少しやってみるとそこまで難しくはないな。という現在の印象です。

実践している裁量トレード

僕が今行っている手法は「スイングトレード」です。

新規注文から決済を1週間程度で行うトレード手法です。

以前、嫁の挑戦状で実践したのは「デイトレード」

1日以内の短い期間で決済する手法で、主にテクニカル分析から買いまたは売りのエントリー〜決済をします。

短期間で何度も売買を行うので収益資金効率はバツグンに良いですが、私は思うように上手く行きませんでした。

【嫁の挑戦状】日経平均トレード記録【ノックアウトオプション】こんにちは!こんばんは!みみかきです。 嫁の挑戦を受けて、1ヶ月間でどちらが多く利益を出せるのか勝負することになりました。 ...

何故ほぼ初心者の私がスイングトレード変えたことで収益を得ることが出来ているのか?

具体的なトレード手法は至ってシンプル。

米国株の株価指数(米国30)を…

「株価が大きく下がったら買い!」

「株価が上がったら売る!」

これだけです。

何故米国株かと言うと、上昇すると予測しているからです。

米国株は長期チャートを見ても右肩上がりなのは理由があります。

それは「アメリカの人口」に関係があります。

日本とは違いアメリカの人口は右肩上がりで上昇を続けています。

人口が増えれば人は働き、企業で利益を生み出します。また消費も増えて、お金の巡りも良くなりその結果株価が上がります。

一方、日本はどうでしょうか。

日本の人口推移

アメリカの人口推移

サイト:https://www.populationpyramid.net/

人口はこれから増えることは無く減っていくことが予想されています。

少子高齢化となり働き手はどんどん少なくなる一方。

それでは企業で利益も生まないし、消費も増えていきません。

その結果、株価は上がりにくくなります。

そのため、米国株を買っておけば大暴落が来たとしてもいずれは回復すると予測が付きます。

リーマンショック時の大暴落も今は既に買い戻され遥か上に株価は位置しています。

とにかく米国株を買っておけば、大丈夫ではありますが、無理な投資をしてはいけません。

超ハイレバレッジな投資はせず、レバレッジ1倍(現物買い)または低レバレッジで安くなった時に買っておけば、まず負けないと思っています。

現在の経済から株価を予測

今年2020年はアメリカ大統領選挙が控えています。

そのため、トランプ大統領は何としても株価を維持しておきたい考えがあります。

しかし、株価上昇を妨げる懸念材料は3つあります。

懸念材料

①米中貿易摩擦

②イラン戦争懸念

③新型コロナウィルス懸念

①②は世界経済を大きく揺るがす問題となり、どちらの国にしても良いことはありません。

トランプ大統領としても行われれば株価は暴落間違いなし!

むしろ改善する方向に向かうと推測し、懸念材料として考えなくて良いと思います。

問題は③「コロナウイルス」です。

感染者や死者数は増加する一方、全く読めません。

既に中国経済には負担が来ているし、中国からの部品や輸入品にも規制がかかるなど問題は大きくなる一方です。

いつかは収束するとは思いますが、いつになるかもわかりません。

ただ、米国株を買うだけで良いのか?が不安になりますよね。

日本株をショートしてリスクヘッジ!

米国株を買うだけは予想以上に下がってしまった場合にはただ含み損を抱えてしまうばかり…精神的にキツいですよね。

そんな時は日本株(日本225)をショート(売り)で持っておいても良いです。

日本株は米国株より上昇しにくいため、ショートで持っておくとヘッジが効いて下がった時にでも含み損と相殺されるため、精神的にも安心です。

あくまでも主体は、米国株なので日本株より多く持って持っておくことです。

株価が下がったら米国株を買い増し、日本株を利確。

株価が上がったら米国を決済して、日本株をショートしておく。

こんな上手くいかないとは思いますが、イメージとしてはこんな感じです。

むしろ日本株は損切りしても米国株の利益が上回ればOKくらいの軽い気持ちでトレード出来れば良いと思います。

おすすめ口座「GMOクリック証券」

GMOクリック証券のCFD取引の特徴

CFD取扱銘柄No.1!(130銘柄以上!)

株価指数(米国、日本など)、商品(金、原油など)、ETF(インデックス連動型)リート、個別株式、VIX指数と幅広い取扱商品があります。

取引手数料は無料かつ、スプレッドも狭く低コスト!

アプリ画面も見やすくスマホだけで取引できる

1つの口座で取引できる。

まさに何でも揃うコンビニですね。

まずは口座開設から。