トラリピ

【マネースクエア】トラリピのスイッチ戦略で資金効率良くして稼ごう!

こんにちは!こんばんは!みみかきです。@mimikaki256

トラリピは中長期運用のイメージが強いですが、少ない資金で効率よく稼げる方法があります。

今回はスイッチ戦略について解説します。

スイッチ戦略とは?

少額で開始して、これから資産を増やしていこうとする方や効率のいい短期運用を求める方に人気の戦略である、スイッチ戦略を紹介します。

この戦略は初心者向きではありません。

相場の動きやストップロス設定を行う必要があるため、ある程度経験が必要になります。

通常のトラリピとスイッチ戦略を比較します。

◎通常のトラリピ

過去のチャートを目安に広いレンジ幅に対応した中長期の運用方法です。

米ドル/円 月足チャート

◎スイッチ戦略

現在のトレンド予測から狭いレンジ幅で短期の運用方法です。

スイッチなので、レンジから外れた場合は新たにトラリピを再設定(スイッチ)し直していきます。

米ドル/円 日足チャート

スイッチ戦略のメリット・デメリット

メリット・デメリット

メリット

  • 資金効率が上がる

レンジ設定が通常のトラリピに比べて狭く設定するため、少額で運用できます。資金効率も上がり、利回り良く運用できる。

デメリット

  • レンジが外れることを前提に考えるため、細かい運用管理リスク管理が必要

細かい運用管理

トラリピを繰り返し仕掛け直す必要がある。

スイッチ前の決済注文とスイッチする新規注文を何度もする必要がある。

リスク管理

ストップロス(損切り)設定が必須。

  • 定期的に相場を観測する必要がある。

リターンが大きく望める一方、リスクも大きく、初心者には難しい戦略です。

マネースクエア

以上、トラリピのスイッチ戦略でした!

よければTwitterやっているのでフォローお願いします!

★ブログランキング参加中です!クリックお願いしますm(__)m

ブログランキング・にほんブログ村へ