トライオートETF

【トライオートETF】自動売買セレクトのメリットとデメリット

こんにちは!こんばんは!みみかきです。

インヴァスト証券のトライオートETFの自動売買セレクトについて解説していきます。

トライオートETF

トライオートETFとは?

一言で表すと「自動売買ETF」です。業界初の取り組みみたいです。

FXの自動売買は各社形を変えて様々な自動売買システムがありますが、ETFなどの株式では意外とないんですよね。

ETF銘柄と自動売買システムを組み合わせることで取引が成り立ちます。

自動売買とは?

あらかじめ「いくらで買って、いくらで売る」という設定をすると、

あとは設定したとおりに自動的に株の値動き応じて売買をしてくれるというものです。

ETFとは?

Exchange Traded Fundの略で上場している投資信託になります。

投資信託なので投資するのは日経225やナスダック、S&P500などの代表的な株価指数です。また、上場しているので個別株と同じように売り買いの注文をすることができます。

初心者でも始めやすい!自動売買セレクトの紹介

トライオートETFは簡単に始められるようにあらかじめいくつかの自動売買ロジックが用意されています。

しかも、そのロジックは4つもあります。

投資家がいちいち設定しなくてもいいのがうれしいですね。

1.自動売買セレクト「追尾」

一定のレンジ幅に注文を並べているため、レンジ相場に強いロジックとなっています。

2.自動売買セレクト「スリーカード」

下落と上昇両方の局面にも対応した、バランスの良い設定となっています。

3.自動売買セレクト「ライジング」

※2019年11月30日をもってライジングは非公開となりました。

上昇トレンドに特化した設定となっており、設定に無駄がなく爆発力は最強です。

4.自動売買セレクト「カウンター」

大きな下落にも買い注文が設定してあるので、考えずに運用するならコレかなと思います。

5.自動売買セレクト「ヘッジャー」

売り注文が入ったロジックになっているので、弱点だった大きな下落時にも買い注文の損失をカバーできるようになりました。

また買い注文は上下挟み込むような設定なので、下落時にも注文が入るようになっています。

まるで買い物感覚!?注文方法がおもしろい

注文方法はネットショッピングと同じです(笑)

(1)銘柄とロジックと組み合わせの中から、運用したいものを選択し「カートに入れる」を押す。

(2)カートに入れると、シミュレーション結果と推奨証拠金が出てきます。数量を変更すると推奨証拠金が変化するので、運用資金に合わせて数量を選び「注文を確定する」を押して確定してください。

運用資金は推奨証拠金を目安にしよう。

購入する際にどのくらいで始めれば良いかわからないですよね。

トライオートETFでは親切に推奨証拠金というものが表示されています。

結論を言うと、推奨証拠金で運用すればOKです。

推奨証拠金とは?

何をもって推奨証拠金を定めているか確かめてみましょう。

例として「ナスダックトリプル100」「ライジング」を例に見てみましょう。

事前に推奨証拠金を確認すると「31,185円」ですね。

銘柄詳細を見てみると、必要証拠金1倍(レバレッジなし)は「6,300円」です。

この必要証拠金は1本あたりの証拠金です。

ライジングは6本構成なので、必要証拠金は…

6,500円×6本=39,000円

推奨証拠金のレバレッジは…

39,000円÷31,185円=1.25倍

推奨証拠金は1.25倍とかなり安全な運用ですね。

ほぼロスカットはしない水準です。

<div class=”concept-box2″><p>

ナスダックなどのアメリカ株は円を米ドルに換えて購入しているため、米ドルの為替と株価で変化します。

必要証拠金1倍=ナスダックなどの株価×米ドル/円

必要証拠金5倍=必要証拠金1倍÷5

株価が上がれば証拠金も上がるため、将来的に資金追加もあり得ます。

</p></div>

推奨証拠金で運用した場合のロスカットは?

同様にナスダックトリプル100で検証します。

ロスカットはドル円と株価にも影響するため、あくまで目安になります。

円安ドル高、株価上昇で証拠金は高くなります。

有効比率が100%を下回ると執行されます。

計算式:有効比率=有効証拠金÷必要証拠金×100

有効証拠金:証拠金預託額±評価損益-出金指示額

証拠金預託額:推奨証拠金とします。

必要証拠金は1,300円(レバレッジ5倍)です。(ナスダックトリプル100の株価61ドル)

1本あたりの推奨証拠金は、31,185円÷6本=5,197円

推奨証拠金の余裕度は…5,197円-1,300円=3,879円

日本円だと3,879円分損失が出ても大丈夫ということがわかりました。

1ドル=110円として、ドル換算すると…3,879円÷110円/ドル=35.26ドル

61ドルだった場合、61ドル-35.26ドル=25.74ドルでロスカットとなります。

50%以上の下落なので、リーマンショック級が来ないとロスカットはされません。

運用資金は10万円から。

まず初めてみようという方は「カウンター」というロジックをおすすめします。

上昇トレンドにも下落時にも両方の設定が施されているため、ほったらかし運用であれば「カウンター」一択です。

シミュレーション結果もリターン率トップ77%の実績があり、2018年度は大きな乱高下がありましたがしっかりと利益を出してくれています。

トライオートETFのメリット・デメリット

メリット1:かんたんに運用できること。

先ほど紹介しましたが、お好きな銘柄と自動売買システムの組をカートに入れて購入するだけです。

ふつうの自動売買は少なからず何らかの設定をする必要がありますが、自動売買セレクトなら設定済なので個人で行う設定は不要です。

メリット2:上昇トレンドでの利益がすごい。

2017年〜2018年度のシミュレーションでは利回り77%と驚愕です。

私も2018年5月にナスダックトリプル100で運用していましたが、50万円の資金から約3ヶ月で10万円の利益を出した実績があります!

2018年5月くらいから10月まで大きな下落がなく右肩上がりで株価が上昇し続けたため、大きな利益を生み出したのだと思います。

2017年では年間を通して右肩上がりでした。

このような上昇トレンドだととんでもない利益を叩き出します。

デメリット1:下降トレンドは全然ダメ

発注が「買いのみ」なので上昇しないと利益が出ません。

当たり前かもしれませんが、仮に暴落してしまうと約定注文だけチャートの上に残り続けてしまうので、含み損を抱えた時間が長くなってしまいます。

シュミレーション(ナスダックトリプル100×ライジング)を見ると一発ですが、暴落後の2018年10月から横ばいです。

株価が戻ってこないと決済には至りません。

トライオートETFは「ハイリスクハイリターン」あることです。

上昇トレンドではハイリターンが望めるが、下落するリスクも高いのです。

なので、シミュレーション結果の利率が良いからと言って運用すると失敗します。

運用方法は少し工夫してあげる必要があります。

自動売買セレクトの中で選ぶなら、ヘッジャーがおすすめです。

これ1つ設定しておけば、ある程度の下落相場にも、大暴落の含み損をカバーして運用することができます。

【トライオートETF】自動売買セレクト「ヘッジャー」を解説こんにちは!こんばんは!みみかきです。@mimikaki256 自動売買セレクトのヘッジャーについて解説します。 ヘッジャー...

デメリット2:金利調整額(金利)の支払い

これが地味に痛いです。

ポジションを保有しているだけで金利が毎日引かれていきます。

特に大きな下落をしてポジションと株価が剥離してしまった場合には株価が戻り決済されるまで金利だけずっと払い続けることになってしまいます。

計算式:買い建玉=- (前週木曜日の終値×保有口数×(Libor+0.9%)×付与日/360)

下記条件を式にあてがうと…

  • 前週木曜日の終値:61ドル(ナスダックトリプル100)
  • 保有口数:5口
  • Libor+0.9%:2.9890%(公式HP引用:こちら
  • 付与日:1日(休日かかわらず、月曜日から木曜日の付与日数は1日。金曜は3日)

買い建玉=- (61ドル×5口×(2.9890%)×1日÷360)=0.25ドル(27.5円)

1週間で192.5円も支払わなければならないのはFXでいうマイナススワップに感覚は近いかも。

デメリット3:取引時間が短い・遅い(アメリカ銘柄)

取引時間はほぼ夜中なので早めに就寝される方は取引できません。

23:35~5:55(サマータイム期間22:35~4:55)

米国サマータイム期間:3月第2日曜日から11月第1日曜日

読者さんはサラリーマンが多数だと思いますが、夜中なので設定するのをつい忘れがちです。

運用するタイミングを失ってしまう可能性があります。

新規口座開設で10,000円キャッシュバック!

キャッシュバックをもらう条件はかんたん3ステップ!

Step.1:まずは口座開設をする。

Step.2:15万円以上入金する。

Step.3:15口以上の新規取引。

以上で10,000円ゲットです。

条件達成のポイント

「Step.2:15万円以上入金する」について解説します。

例えば2月に口座開設した場合、15万円入金したら「2020年4月1日(水)午前4時55分まで」出金しないでください。

入金判定日までに入金と出金の差額が15万円以上あることが条件になります。

30万円入金して15万円出金すれば、差額15万円以上あるのでOKです。

入金判定日は口座開設月によって異なりますので、ご注意ください。

口座開設月 条件達成期日・入金判定日
2020年2月 ~2020年4月1日(水)午前4時55分まで
2020年3月 ~2020年5月1日(金)午前4時55分まで
2020年4月 ~2020年5月30日(土)午前4時55分まで

「Step.3:15口以上の新規取引」の条件を詳しく解説します。

例えば、「ナスダック100トリプル_ヘッジャー」で1回あたりの発注数量を1口と設定して、15回以上の新規取引をすると、お取引条件「15口以上の新規取引」を達成です。以下のような決済メールが届くので15回届けばクリアです。

新規取引は自動で売買されるので、基本ほったらかしでOKです!

募集期間: 2020年4月30日(木)までです!お早めにどうぞ!

\トライオートETFでかんたん運用!高利益!/
トライオートETF

まとめ

トライオートETFはとてもハイリスクハイリターンな商品です。

何も考えずに買い物感覚で運用すると失敗します。

運用シミュレーション結果が注文時に載っていますが、参考程度としてください。