暗号通貨(仮想通貨)

【電力自由化】Looopでんきのマイニングフラットとは?【暗号通貨(仮想通貨)】

こんにちは!こんばんは!みみかきです。@mimikaki256

突然ですが、Looopでんきのマイニングフラットはご存じでしょうか。

2017年のマイニングブーム時に提供された電気料金プランですが、2021年の再ブームで始めて知りました(^^;

ガッツリマイニングしている方には大変おすすめできるプランですので、紹介したいと思います。

しかし、適正がありますのでマイニングやってる方全てにおすすめできるプランでは無いことをご理解の上ご検討ください。


マイニングフラットの特徴

とにかく!マイナーにとってはお得なプランです。

おすすめの理由は

「1kWhあたりの電気代がとにかく安い!」

 

マイニングフラットの電気料金の仕組み

契約電力毎の最低料金+従量料金

 

最低料金は契約電力によって異なります。

あらかじめ契約電力に応じた電力量(kWh)を事前に購入するイメージで使う使わないに関わらず最低料金がかかります。

 

◎料金表

契約電力 最低料金 内、最低料金に含まれる分 単価(円/kWh)
10A 6,170円 250kWh 24.68円
20A 12,340円 500kWh
30A 18,510円 750kWh
40A 24,680円 1,000kWh
50A 30,850円 1,250kWh
60A 37,020円 1,500kWh

例えば契約電力30Aの契約であれば、毎月18,510円は最低発生します。

 

契約電力による単価を見てみると、どのプランでも同じでした。

それでも単価24.68円は非常に安いですね(^^)

ちなみに楽天でんきは26.5円(東京電力エリア)なので約2円違いますから大きいです。

 

従量料金がもっと安い!

電気使用量が最低料金の電力量(kWh)を超えても電気が使えなくなることはありません。

超過分は使った分だけ請求される仕組みになっています。

超過分と聞くと何となく高いイメージがありますが、むしろ最低料金より安い設定です!

みみかき
みみかき

スマホのデータチャージは高いですよね^^;

◎従量料金表

契約電力 従量料金
(円/kWh)
10A 22.4円
20A
30A
40A
50A
60A

最低料金の単価より超過分の方が安いのは驚きでした。

楽天でんきと比較すると、1kWhあたり約4円も安いことになります。

\基本料金無料のLooopでんき/

どのくらい電気料金が安くなるか?

さて、実際にどの程度電気代がかかるのか、電力会社毎に比較してみました。

比較した電力会社は3つ

  1. マイニングフラット
  2. 楽天でんき
  3. 東京電力

 

ちなみに「燃料調整費」「再生可能エネルギー発電促進賦課金」は計算から省いています。

①マイニングフラットの契約電力毎の電力量にて比較

契約電力の最低料金ピッタリ使った場合を比較しました。

電力量/月 マイニング
フラット
楽天でんき 東京電力※1 差※2
250kWh ¥6,170 ¥6,625 ¥6,616 ¥455
500kWh ¥12,340 ¥13,250 ¥13,232 ¥910
750kWh ¥18,510 ¥19,875 ¥19,847 ¥1,365
1000kWh ¥24,680 ¥26,500 ¥26,482 ¥1,820
1250kWh ¥30,850 ¥33,125 ¥33,098 ¥2,275
1500kWh ¥37,020 ¥39,750 ¥39,714 ¥2,730

※1:https://testpage.jp/tool/denkidai.phpで計算
※2:楽天でんき-マイニングフラット=差額

マイニングフラットの方が若干安い結果になりました。

②マイニングフラットで最低料金+100kWh超過してしまった場合の電気料金比較

電力量/月 マイニング
フラット
楽天でんき 東京電力 差※
350kWh ¥8,410 ¥9,275 ¥9,266 ¥865
600kWh ¥14,580 ¥15,900 ¥15,882 ¥1,320
850kWh ¥20,750 ¥22,525 ¥22,497 ¥1,775
1100kWh ¥26,920 ¥29,150 ¥29,113 ¥2,230
1350kWh ¥33,090 ¥35,775 ¥35,748 ¥2,685
1600kWh ¥39,260 ¥42,400 ¥42,364 ¥3,140

※1:https://testpage.jp/tool/denkidai.phpで計算
※2:楽天でんき-マイニングフラット=差額

更に差は開き、マイニングフラットの方が安い結果になりました!

超過分の単価が安いため、超過すれば使えば使うほどマイニングフラットがどんどん安くなっていくのがわかりますね。

 

契約電力の選び方

マイニングフラットでどの契約電力にするべきか解説していきます。

確認事項は2点です。

  1. マイニングの消費電流
  2. 私生活で使う電気使用量

まずマイニングの消費電力があるのか確認しましょう。

ワットモニターを使うと便利です。

消費電流は例えば1,000Wであれば、100Vで割ると求められます。家庭のコンセントから出ている電圧は100Vです。

消費電流=消費電力÷電圧

1,000W÷100V=10A

この10Aが消費電流になります。

契約電力のアンペアからマイニングの消費電流を引くと、私生活で使えるアンペア数がわかります。

30Aの契約であれば、私生活て使えるのは20Aになります。

次に私生活でどのくらい電気を使うのか確認する必要があります。

マイニング前の契約電力でも良いかもしれませんが、できるだけ契約電力を小さくして、電気代が更に安くなる従量料金にしたいので、これを機に見直しても良いかもしれません。

契約電力を決める基準はブレーカーが落ちないことです。

すなわち、ご自身でお使いになるエアコンや電子レンジなどを同時に使用しても契約電力(アンペア数)を超えないことが条件になります。

超えてしまうとブレーカーが落ちるので契約電力が適正ではないと言えます。

 

契約電力30Aだと良くブレーカーが落ちていましたが、40A変更したところほとんど落ちなくなりました。

ブレーカ交換は基本無料なので、試してみるといいかもしれません。

 

マイニングフラットのデメリット

電気代が安くてメリットだけに見えますが、デメリットもあります。

  1. エリアの狭さ
  2. 私生活に使う電気量の圧迫と最低料金の使い切り問題
  3. 気軽にマイニングする人には向かない

①エリアの狭さ問題

現在提供しているプランは東京電力エリアのみ。

東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、栃木県、群馬県、茨城県、山梨県、静岡県(富士川以東)

この地域以外ではマイニングフラットは利用できません。

これは2017年サービス開始から変わっていないため、今後も変わることは恐らくないでしょう。

②私生活に使う電気量の圧迫と最低料金が使い切れない。

プランのおさらいです。

契約電力 最低料金 内、最低料金に含まれる分 単価(円/kWh)
10A 6,170円 250kWh 24.68円
20A 12,340円 500kWh
30A 18,510円 750kWh
40A 24,680円 1,000kWh
50A 30,850円 1,250kWh
60A 37,020円 1,500kWh

一般家庭の契約電力は20~40Aです。

ちなみに、我が家を例にするとマイニング前の契約電力を40Aでした。

現在、我が家のマイニングに使用している消費電力は約1,000Wです。

常時10A消費されていることになります。
(1,000W÷100V=10A)

つまり、あと30Aしか私生活で使えません。

もともと30Aでしたが、冬場でよくブレーカーを落としてしまったため、40Aに上げていました。

それでは、マイニングの消費電力分だけ契約電力を上げるとどうでしょうか?

40A→50Aに変更すると…そう、最低料金も上がります。

つまり、次に最低料金分使い切れるのか?という問題が出てきます。

我が家の場合だと40Aが適正なので、マイニングを考慮すると契約電力は50Aになります。

マイニングの消費電力1,000Wなので、月に約720kWhになります。

私生活で使い切りたい電気使用量は…

1,250kWh-720kWh=530kWh

我が家でマイニングを始める前の電気使用量では使い切れていませんでした。
(1~2月、9月のみ530kWhを超えました。)

最低料金を使い切れないと余計に電気代を支払うことになるため、確実に最低料金以上使う必要があります。

③気軽にマイニングする人には向かない

気軽にグラボ1~2枚程度だけでマイニングする人には向きません。

②でも話しましたが、最低料金を使い切れない可能性があります。

マイニング+私生活の電気使用量 < 最低料金

ある程度マイニングに占める電気使用量が大きくないとマイニングフラットはおすすめ出来ません。

どのような方がマイニングフラットを契約すべきか?

ズバリ!以下に該当する方です。

  1. マイニングをガッツリやっている方
  2. 1人暮らしの方

マイニングフラットにおいて、電気代を安くするには

マイニング+私生活の電気使用量 > 最低料金

とする必要があります。

特に私生活の電気使用量が小さければ小さいほど、契約電力も小さくすることが出来るので、電気代を安く済ますことができます。

理想はマイニングしか使わないことです。

つまり、1人暮らしの方であれば電気使用量が小さくなるのでマイニングフラットに適しています。

\基本料金無料のLooopでんき/

気になること

個人的に気になることをまとめてみました。

①途中解約可能か?また解約金はかかるのか?

→可能。解約金はかかりません。

②マイニングしなくても契約可能か?

→可能。どなたでも契約できます。

③市場価格の高騰による料金変更はあるか?

→変更ない。マイニングフラットは市場連動型ではないため、市場価格と共に上昇することはありません。(問い合わせて確認しました。)

まとめ

いかがでしたでしょうか。

マイニングフラットはマイナーには嬉しい電気代を抑えることが出来る魅力的なプランですね。

しかし、ちゃんと最低料金を使い切れるのか課題もあります。

クリア出来ればおすすめのプランなので検討してみてください。

 

以上、Looopでんきのマイニングフラットについてでした!

よければTwitterやっているのでフォローお願いします!

★ブログランキング参加中です!クリックお願いしますm(__)m

にほんブログ村 投資ブログ 仮想通貨マイニングへ